バンパーの擦り傷の修理は自分でもできる

車を運転している時、ふとしたすこしのミスで停めてある車、段差や壁、はたまたそこらへんにある自転車などにこすってしまうことがありますよね。小さな傷でもきれいな大切な自分の車のバンパーに擦り傷がついてしまうととても悲しく切ないものです。そのような小さくてもどうしても目立ってしまうような傷をつけてしまった時、行きつけのディーラーやモータース、修理などのサービスを行っているガソリンスタンドや車用品のショップに行くことが多いと思います。しかし、わざわざ高いお金をはらってなおしてもらわなくても少しの擦り傷なら自分でも十分きれいに修理できます。今回はバンパーの擦り傷の修理についての方法と業者さんにたのまないで自分ですることのメリットを説明します。

バンパーの擦り傷を修理するメリット

最近はDIYなどといわれさまざまなものを自分で作るということがはやっています。その延長で、既製品が壊れたり傷が付いてしまったりしてもなおす事ができます。そんな面倒で時間のかかることはしたくないという様な方も一度は読んでみてください。自分で手をかけてなおす事のメリットは、ディーラーやモータース、車用品のショップでしてもらうことを思うと工賃を含め圧倒的に安いことが挙げられます。本当に小さく気にならない程度の傷の修理でも業者に頼むと1万円~2万円ほどがかかるといわれています。バンパー取り外しで全塗装となるとさすがに5,6万円かかるようなことになってきます。ここまで行くと新品にしたほうがいいという方も出てくると思います。しかし、ちいさな傷をなおすのなら道具代3000円ほどで済みます。

具体的に自分で修理する方法とは

自分で修理したほうが安いことはよくわかったとおもいます。そこで自分でする方法を説明していきます。まずは道具をそろえることです。使うものは多くて、コンパウンド、タッチアップペンの2つほどでちいさな傷は消えます。バンパーの小さな擦り傷を修理するにはこれぐらいで十分だということです。すこしえぐれた傷の場合はパテをつかいます。パテとは傷がすこし深めのときにそのえぐれた部分を平らに戻すために用いるセメントのようなもので、自分で練って塗り固めます。そのあとサンドペーパーで磨くのですが今回はそこまでではない傷を想定します。コンパウンドとよばれるとても細かい磨き粉の様なものですこしずつ磨いて傷を目立たなくします。あまり磨きすぎるとバンパーの下地が出てしまうので注意です。そのあとにタッチアップペンと呼ばれるもので色を塗ります。タッチアップペンはメーカーがその車の色にあう色をペンごとに売っているので心配しなくてもプロ同様の色に仕上げる事ができます。