バンパーの擦り傷の修理に必要なもの

バンパーはついついこすってしまったり、当ててしまったりとどうしても傷をつけてしまうことが多いです。海外ではバンパーは傷ついて当たりまえ、ボロボロでもそのままでいい、という風潮がありますがさすがに日本では少しのかすり傷でもはずかしくてすぐになおしたいですよね。傷がついてしまった場合の修理にはたいていの方がディーラーやモータース、そういうサービスをしてくれるショップに行き頼むことが多いでしょう。でも、小さな傷でも1万円から2万円ほどの工賃がかかってしまうので安くありません。そこで自分で直して安く仕上げてしまうという方法があり、手間はかかりますがはじめての方でも簡単にできるのでおすすめです。今回自分でなおすということのメリットを説明します。

バンパーの擦り傷修理のメリット

うっかりしたミスでつけてしまったバンパーの擦り傷を自分で修理するメリットは何と言ってもとても安く仕上げられることです。先ほども説明しましたが、どうしても業者にちゃんとした修理を頼んでなおしてもらうと決して安くはない値段の工賃を取られてしまいます。しかし、じぶんでバンパーの擦り傷を修理すると道具代だけでいいのでとても安く済みます。具体的には磨いてちいさな傷を消すためのコンパウンドと、その傷を目立たなくなるように色を塗るためのタッチアップペンです。二つ合わせていいものを買っても3000円ほどでそろえられます。そのなんとも安すぎるようなコストパフォーマンスで修理をできるのは本当にお得で、最近はやりのDIYのような気軽に趣味感覚でできるのもありがたいです。

自分でするバンパーの擦り傷修理の方法

自分で修理をするといってもはじめての方は何をしていいのかあんまり解らない方が多いと思います。そこではじめての方や、初心者の方でもうまく修理する方法を解説します。まずは傷を目立たなくする作業です。先ほどのコンパウンドを使ってちいさな擦り傷を消していきます。コンパウンドとはとても細かい磨き粉がはいっていて数ミクロの単位で表面を削ることができます。コンパウンドの粒子の大きさをだんだんと小さくすることでどんどん目立たなくすることができます。とくに一番細かいコンパウンドを使うと鏡面仕上げができ、つやつやに仕上げられます。ある程度傷が解らなくなったら車のボディーとあう色のタッチアップペンを使って色をのせていきます。各社が車ごとに同じ色を販売してくれているので心配しなくても自然に仕上がります。

車の小さな傷から大掛かりな傷、板金塗装や修理の事まで、材料や道具を工夫して、均一料金でどこよりもお安く修理いたします。 薄利多売がモットーです。たくさんのお客様にご利用いただくために努力は惜しみません。 一目瞭然の料金体系!車体の色の違いによる割増料金は一切ありません。 激安料金だけじゃない!対象地域は修理車の引き取り、修理後の納車も無料です。 バンパーの擦り傷を格安修理致します