バンパーの擦り傷の修理のやり方

日本は、車が大好きな人が多いです。車でしょっちゅう外出していると、いつの間にか傷が付いていることがあります。愛車に傷が付いている場合、小さな傷でも気になってしまう人は少なくありません。しかし、プロに修理を任せると、お金がかかります。バンパーなどに付いた小さな傷は、自分でも修理することができます。1度手順さえ覚えておけば、軽い傷であれば自分で補修することができるようになります。修理業者に頼まずに自分で補修を行うことで、経済的な負担も少なくて済みます。日本では、優れた補修用品が数多く販売されています。便利な補修用品を事前に購入しておくと、いざという時に自分で補修をすることができます。補修が初めての人でも、画像を使ってわかりやすく説明したサイトがあるので、画像を見ながら補修することができます。

バンパーに付いてしまった軽い傷の補修について

細い道を走ると、帰った時に車に細かい傷が付いていることがあります。擦り傷が付きやすいことで有名な部分が、バンパーです。バンパーは、衝撃を受けた時に、車をダメージから守る部分なので、傷が付くのが宿命とも言えるパーツなのです。ですから、傷が付くのは珍しくないのですが、車を大切にしている人は、すぐに傷を補修したいと考える人が多いです。傷が付きやすいバンパーですが、特に傷が付きやすい部分が、コーナー部分です。最近の車は、一体化したデザインが多いため、傷が付くと小さな擦り傷でも目立ちます。購入したばかりだと、特に気になってしまう人が少なくないのです。車に傷が付くと、本格的な補修が必要だと思う人もいますが、浅い擦り傷であれば、自分でも補修することが可能なのです。

意外と簡単にできる車の擦り傷の補修

傷が、ボディカラーと異なる色合いの傷であれば、塗装の表面に異物が付いている可能性が大きいです。このような場合は、付着している異物をコンパウンドで磨き落とせば、元通りに戻ることが多いです。塗装の表面を擦ってしまうと、白い筋状の傷が残ることがあります。このような傷は、目立つため、深刻に考えてしまう人も少なくありません。しかし、コンパウンドで研磨することで、目立たなくなります。やり方は簡単で、水に浸したスポンジを絞って、仕上げ用のコンパウンドか極細のコンパウンドを、適量絞り出して塗布します。そして、傷に平行にして直線的に磨いていきます。円を描いてしまうと、スクラッチ傷が付くので、傷の面だけを磨くように気を付けます。異物が付着した傷であれば、無数の浅い傷であってもかなりきれいに修復することができます。