自分でバンパーの擦り傷を修理すると良い点

バンパーを擦ってしまうのはよくあるミスです。擦ったことがない、という人の方が少数派と言えます。擦り傷のついたバンパーは、自分で修理してしまいましょう。その方が安上がりですし、ポイントさえ押さえれば綺麗に直ります。車への愛着もより湧くというものです。まずは道具を揃えましょう。カーショップやホームセンターに行けば、全て揃うものばかりです。カッター、サンドペーパー、サンドペーパーパッド、油分除去剤、パテ、下地塗料、車のボディーカラーに合う塗料と、こんなところです。買い揃えたら綺麗な仕上がりをイメージしながら始めます。パンパーを擦ると擦り傷部分に尖ったバリのようなものが出ていることが多いです。まずはそのバリを取る作業です。サンドペーパーをかける前に、カッターの刃を軽くあててバリを削ぐように動かします。これで、目立ったバリを取ってしまいます。

塗料前にこすった部分を平らにすることで色が乗りやすくする

早く色を塗りたいところですが、その前の準備が綺麗な修理には必要だと知りましょう。擦り傷部分にサンドペーパーをかけていきます。耐水のサンドペーパーをパッドに巻いて使います。均一にかけるためにパッドはとても役に立ちます。水に濡らしたらかけていきますが、平らにすることが目的なので、思い切って強めにかけることがコツです。黒い樹脂が見えてきても気にせず平らにしていきます。サンドペーパーをかけ終えたら、油分除去剤を吹き付け、余分な油を落とします。ボディについた油はパテや塗料が定着する邪魔をしますので、これは大事な手順です。続いてパテです。パンパー専用のものを使いましょう。2液を混ぜて固めるタイプがおすすめです。固まる前に素早く塗ってください。擦り傷の深いところから塗り込んでいきます。

パテが完了したらいよいよ塗料を塗る

深い擦り傷に塗り終えたらあとは薄く満遍なく塗っていきます。段差をなくすように薄く塗ります。しばらく放置して固まるのを待ったら、再びサンドペーパーでならしていきます。エッジ部分から始めて中心へ進むのがコツです。この方がより平らになりやすいです。平らになったら下地塗料を数回に分けて少しずつ塗り、いよいよ塗料です。擦り傷の部分を隠す要領でこちらも何度かに分けてスプレーします。一度にたくさん塗るとムラになります。塗っては乾かし、乾かしては塗るという繰り返しです。概ね3回から4回といったところです。色や擦り傷の範囲などに応じて回数は変わります。1回ずつよく確かめてから行ってください。最後に色をぼかすために少し離れたところからスプレーして自然な仕上がりにします。バンパーの修理はこれで完成です。やってみると意外と楽しくできます。自分で修理を仕上げると車への愛着も違ってきます。その後もっと大切に乗りたい気持ちにもなります。